2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
42/48

矢やかべ加部淳じゅん矢やかべ加部淳じゅん張はりま間仁ひとし史張はりま間仁ひとし史福ふくはら原俊としひろ弘受講料 12,100円(税込)【3コマ】基 礎123456789受講料 12,100円(税込)【3コマ】基 礎123456789受講料 12,100円(税込)【3コマ】基 礎123456789受講料 12,100円(税込)【3コマ】基 礎123456789受講料 12,100円(税込)【3コマ】基 礎123456789標 準難 関標 準難 関標 準難 関NEW標 準難 関標 準難 関422021 夏期・秋期 教科別講座案内 中高一貫校 中学校教員対象講座教科別講座案内 中高一貫校 中学校教員対象講座英語 映像 映像 映像 映像 映像将来につながる中学生への英文法指導-その1-どの教科であれ、自分の知識と思考力を使って本質の理解へと近づいていくことができる学習者は、一番大切な土台となる考え方を持っていると思われます。同じく、将来難関大学レベルの英語を読み解けるようになる英語学習者は、中学生のうちに、基本文法をしっかり身につけている者が多いのではないでしょうか。もし、学習の初期の段階で、きちんとした文法的土台を作れなければ、どんなに学習経験を積んでも、言語や読解に対する感覚なり勘なりが磨かれていくこともないのだろうと考えています。そのような後々にまで運用できる文法的土台の作り方をお話しします。※過去の同名講座と同じ内容です。将来につながる中学生への英文法指導-その2-「将来につながる中学生への英文法指導」の続編になります。文法項目は、分詞、態、比較、仮定法などを扱います。また、本講座では、本格的な文章読解への入り口として、文法知識に基づいた読解の具体的な方法論をお話しします。初級から中級へと上がる段階で、読解に対して苦手意識を持ってしまう学習者は少なくありませんが、その一因は文法と読解はまったく別のものであるという誤った考えを持たせている指導者側にあるのかもしれません。構造と意味を矛盾なく一致させる作業を通して、「文法を使って読む」とはどういうことかを考えてみたいと思います。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。中学でおさえておくべき「図形」問題の指導中学数学や高校入試では主役であった平面図形・空間図形でしたが、数学Ⅰ・Aにおいては数学Ⅰの「図形と計量」、数学Aの「図形の性質」と分断されたこともあり、影が薄い存在になっています。この講座では、中学範囲の知識で解く問題から始めて、正弦定理・余弦定理、そして軽視されがちなトレミーの定理を解く問題などを紹介していきます。関連事項として、正五角形、正十二面体等の計量についても言及します。※過去の同名講座と同じ内容です。整数問題への3つのアプローチ整数問題には「決まりきった解法」というのはないのですが、①積の形を作る②範囲を絞る③余りで分類するの3つの方針のいずれかが有効であることが非常に多いです。今回は実際の大学入試問題を通じて、これら3つの方針をどのように使っていくかの感覚を確認してください。高校数学におけるポイントを再確認していただくことにより、中学生を指導される先生方の一助になれば、大変幸いです。※扱う分野は、整数・数学Aの範囲です。場合の数の使い分け高校の数学A「場合の数」に登場する「順列」「組合せ」「重複順列」「重複組合せ」の4つの定義と、その使い分け方について取り上げます。また、高校生がつまずくことの多い「組分け問題」の解き方や、非復元抽出の確率についても取り上げます。特に非復元抽出の確率については、中学生も混乱したり面倒な解き方をしてしまったりすることが多い問題です。高校数学におけるポイントを再確認していただくことにより、中学生を指導される先生方の一助になれば、大変幸いです。※扱う分野は、確率・数学Aの範囲です。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。数学

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る