2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
37/48

塚つかはら原哲てつや也日本史鵜うかい飼恵けいた太世界史NEW国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関標 準NEW国公立大・私立大基 礎標 準難 関新課程新課程新課程新課程オリジナルオリジナル37国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関まもなく始まる新科目『日本史探究』では、生徒が「問い」を表現し、資料をもとに仮説を立てながら学習を進めることが謳われています。この学習を進めるのは生徒です。しかし、教員が「問い」を立てることができなくて生徒を指導できるでしょうか。また、問い(課題意識)のないところで資料を探すことができるでしょうか。そこで、この講座では『日本史の論点−論述力を鍛えるトピック60−』(駿台文庫)を素材としながら、問いを立てる手がかりを探っていきたいと考えています。今回は近世の社会経済がテーマです。『日本史の論点』から、いくつかのトピック(論点)を抜粋して扱います。123456789123456789123456789123456789123456789123456789内容です。2021 夏期・秋期 教科別講座案内(地歴公民) 京都『日本史の論点』を活用して問いを立てる -近世社会経済編- 映像塚つかはら原哲てつや也日本史 映像塚つかはら原哲てつや也日本史 映像塚つかはら原哲てつや也日本史 映像塚つかはら原哲てつや也日本史 映像『日本史の論点』を活用して問いを立てる -近現代政治編-2022年度から新科目『日本史探究』が始まります。この科目では、生徒が「問い」を表現し、資料をもとに仮説を立てながら学習を進めることが謳われています。この学習を進めるのは生徒です。しかし、教員が「問い」を立てることができなくて生徒を指導できるでしょうか。また、問い(課題意識)のないところで資料を探すことができるでしょうか。そこで、『日本史の論点−論述力を鍛えるトピック60−』(駿台文庫)を素材としながら、まずは教員自身が問いを立てる手がかりを探っていきたいと考えています。この講座では近現代の政治をテーマとして、『日本史の論点』からいくつかのトピック(論点)を抜粋して扱います。※過去の同名講座と同じ内容です。『日本史の論点』を活用して問いを立てる -近現代外交編-2022年度から新科目『日本史探究』が始まります。この科目では、生徒が「問い」を表現し、資料をもとに仮説を立てながら学習を進めることが謳われています。この学習を進めるのは生徒です。しかし、教員が「問い」を立てることができなくて生徒を指導できるでしょうか。また、問い(課題意識)のないところで資料を探すことができるでしょうか。そこで、『日本史の論点−論述力を鍛えるトピック60−』(駿台文庫)を素材としながら、問いを立てる手がかりを探っていきたいと考えています。この講座では近現代の外交をテーマとして、『日本史の論点』からいくつかのトピック(論点)を抜粋して扱います。※過去の同名講座と同じ内容です。『日本史の論点』を活用して問いを立てる -近現代経済編-2022年度から新科目『日本史探究』が始まります。この科目では、生徒が「問い」を表現し、資料をもとに仮説を立てながら学習を進めることが謳われています。この学習を進めるのは生徒です。しかし、教員が「問い」を立てることができなくて生徒を指導できるでしょうか。また、問い(課題意識)のないところで資料を探すことができるでしょうか。そこで、『日本史の論点−論述力を鍛えるトピック60−』(駿台文庫)を素材としながら、まずは教員自身が問いを立てる手がかりを探っていきたいと考えています。この講座では近現代の社会経済をテーマとして、『日本史の論点』からいくつかのトピック(論点)を抜粋して扱います。※過去の同名講座と同じ内容です。貨幣・金融史をどう教えるか -金本位制を中心に-貨幣・金融史をどのように理解し、どのように教えるのかを検討していきたいと考えていますが、古代から現代まで全ての時期を50分×6コマのなかで扱うことはできません。そこで、近世・近代を主な対象として設定し、なかでも金本位制に焦点をあててみたいと思います。※ 過去の同名講座、および「日本史の研究-貨幣・金融史をどう教えるか(金本位制を中心に)-」とほぼ同じ経済史からアプローチする近世・近現代史東京大・京都大・一橋大などの難関国公立大や、早稲田大・慶應義塾大などの難関私立大の出題では、近年、経済史の重要度が高まっているように思います。すでに「経済史・社会史から見る中国前近代」をテーマとした講座は実施させていただきましたが、今回は第2弾としまして、欧米史に関しては中世からのつながりを、中国に関しては近現代史を取り上げて、「商業革命と価格革命」「2つの三角貿易」「パクス=ブリタニカ」「世界恐慌」など重要な経済史のテーマについて、難関大の入試問題の論点を参考にしながら、先生方とともに考察してまいりたいと思います。※過去の「経済史からアプローチする近現代史」(対面)と同じ内容です。教科別講座案内 地歴公民

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る