2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
34/48

山やました下翠みどりオリジナルノウハウ国公立大・私立大・共通テスト基 礎標 準難 関123456789国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関標 準生 物342021 夏期・秋期 教科別講座案内(理科)123456789 映像佐さの野芳よしふみ史生 物 映像教科別講座案内 理科教え方のノウハウ【生物】教科書から難関大入試へ -日頃の授業につなげる具体的な指導例-生物基礎の分野ならばミクロメーターや、細胞周期とDNA量の変化、生物の分野ならばDNAの複製や遺伝子発現におけるヌクレオチド鎖の方向性(5´―3´)など、生徒が理解しづらい内容・つまずきやすい問題と説明しにくい内容・問題の多くは重複します。そのうち、受験までに必ず理解させておきたい基礎~標準レベルの内容・問題へのアプローチ、およびその問題の解説法をお伝えしたいと思います。毎年好評いただいている「見やすい図・わかりやすい図」を多く用い、模擬授業も交えてご覧いただきます。※過去の同名講座と同じ内容です。扱いにくい分野・内容をどう教えるか -光合成・視覚・光周性など光と生物-教科書には光が関わる生命現象が、分子から生態系まで、様々な階層で登場します。それらを教えてきた中で、光が関わる生命現象を理解してもらうには、光そのもののイメージを生徒にもってもらうことが重要だと考えるようになり、そのような指導をしています。本講座では、光合成、視覚、光発芽、光周性など、光が関わる生命現象を幅広く取り上げて、私自身がどのような意識で教えているか、入試問題を参照しつつお話ししたいと思います。また、共通テストを踏まえ、光が分野融合の素材として使われる可能性についてもお話ししたいと思います。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る