2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
25/48

霜しも栄さかえ 現代文霜しも栄さかえ 現代文霜しも栄さかえ 現代文霜しも栄さかえ 現代文共通テスト共通テスト大学対策大学対策ノウハウ国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関AL国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関共通テスト25共通テスト基 礎標 準難 関共通テスト基 礎標 準難 関国公立大・共通テスト基 礎標 準難 関国公立大基 礎標 準難 関標 準標 準123456789受講料 15,730円(税込)【4コマ】1234567891234567891234567891234567891234567892021 夏期・秋期 教科別講座案内(国語) 映像 映像 映像 映像 映像多ただ田圭けいたろう太朗現代文 映像橋はしだて立誉たかし史 現代文「共通テスト」時代の新国語力とコンピテンシー☆「共通テスト」時代が始まりました。記述式設問は見送られても、センター試験とは異なるテストです。問題文や設問の形式だけでなく、問われる学力自体が大きく変わり、難度の高いマーク式となります。新しい社会に適応できるコンピテンシー(資質·能力)の育成が求められます。★もちろん共通テストだけが変わるのではありません。小学校でプログラミング教育・英語教育が行われ、タブレット端末による授業やCBT入試の導入も発表されました。今回のセミナーでは、共通テストで問われる国語力、および新学習指導要領·OECD·中教審·大学入試センターの資料なども参考にしつつ、新傾向の入試問題も用いて新しい国語力と資質·能力について背景からじっくり考察したいと思います。※過去の同名講座と同じ内容です。2021年度共通テスト『現代文』の分析と指導法 -共通テスト現代文2021を読み解く-2021年1月、知識基盤社会(Society5.0)を前提とした新しい学びに適応するという教育・入試改革を促進するものとして、「大学入学共通テスト」が実施されました。まずは今回(第一日程)の現代文問題の詳細な分析を行い、今後の変化の可能性や多様性について予測を行います。これまでのセンター試験から何が継承され、何が変更されたのか。テクストの見かけや設問の仕かけだけではなく、その背後にどのような学力観の継承と変更があったのかについて考察します。また、今回の共通テスト問題に見られた複数テクストの設問を指導する際のポイントや、現代文という科目が担う新たな「資質・能力」についても、なるべく具体的にお話ししたいと思います。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。「東大現代文」の不易流行 -「共通テスト」を迎えて-☆東京大学の入試問題は、日本の大学入試を牽引するとともに、優秀な学生たちの勉学に大きな指針や影響を与えてきました。今また変化の時代であるからこそ、過去問の歴史·名作·新作を振り返り、変わることのない東大現代文の「不易」をしっかりと探り確認したいと思います。★しかしまた、東大現代文が、時代とともに大きく変化してきたことも事実です。「共通テスト」時代を迎えて、今後大きな「流行」を重ねていくことも間違いありません。過去70年以上に及ぶ東大現代文の「流行」を追いかける試みの中で、未来の東大入試についても考えつつ、東大現代文のさらなる「不易」に迫ることができればと願っております。※過去の同名講座と同じ内容です。東大現代文2019・2020を読み解く東大現代文2019の問題は、「科学と非科学のはざまで、生命現象から世界に対する見方にまで展開してゆくカオスの縁」を論じた評論と、「迷子をめぐる筆者の体験と思索を語る映画監督のエッセイ」でした。また2020の問題は、「平等な上昇の可能性を謳った近代が、実は個人の責任という建前のもとに階層構造を固定化している」ことを論じた評論と、「『作品』と『文章』という、『書くこと』をめぐる詩人のエッセイ」でした。いずれにおいても「論旨を正確に捉える読解力と、それを簡潔に記述する表現力」が試されました。文章を理解し解答するのに必要な知識と思考力とは何かを読み解きつつ、東大入試における変わることのない本質的な問いかけと最新の動向を踏まえた指導手順についても、お話したいと思います。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。ひとりでもできるアクティブ・ラーニング -現代文の実践的指導-駿台「アクティブ·ラーニング(AL)」授業で扱った入試問題を用いて、AL授業の実践例、ゴールから考えるワーク内容と評価、失敗事例とその要因・改善策等を提示します。生徒への促し(ファシリテーション)をまとめた「AL声かけ想定集」を配布します。ポイントは授業への貢献度です。「主体的·対話的で深い学び」として授業への導入が広まるなか、AL授業の第一歩を踏み出す方も、理解をより深める授業へと改良をめざす方も、ぜひご受講ください。講義の一部で、先生方に共通テストの試行調査問題を用いて、「ひとりでもできるAL」を体験していただきます。AL授業の問題点·解決策や可能性を、先生方と共に考え共有していきたいと思います。※過去の同名講座と同じ内容です。教え方のノウハウ 【現代文】教科書から難関大入試へ -論理国語編-現代文には他の教科や古文・漢文に比べ、どこか掴み難く感じる面があるかもしれません。それは読解という、知識の暗記だけではどうにもならない側面によるところが大きいと言えます。しかし現代文にも文章や設問に対するしっかりとしたアプローチ法があるのです。今回は、現代文をどのように教えたらよいのか、あるいは現代文の苦手な生徒にどう対処すればよいのか、と迷われている先生方に一つの目安となる方法をお伝えできればと考えています。普段の授業の形態をそのままお見せし、共通テストも視野に入れつつ実際の入試問題を扱ってまいります。初任者の先生に特におすすめの内容です。※過去の同名講座と同じ内容です。教科別講座案内 国語

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る