2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
22/48

永ながしま島豪ごう永ながしま島豪ごう永ながしま島豪ごう永ながしま島豪ごう清せい史ふみひろ弘オリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナルデジタル教材国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関NEW永ながしま島豪ごう国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関222021 夏期・秋期 教科別講座案内(数学)123456789123456789123456789123456789123456789123456789教科別講座案内 数学 映像 映像 映像 映像 映像 映像数学的な背景をもつ大学入試難問題主に、2011年以降の大学入試の難問題の中から、数学的な背景をもつ難問題に焦点をあて、それぞれの背景も含めて解説します。このような問題は、結果が美しいものが多く、結論までの道のりが難しくても楽しく、人に伝えたくなるような問題が多くあります。「整数」「確率と数列」「図形」の3つの分野に分け、この分野の定理を背景にもつ大学入試問題を深く解説します。また、「結果が気になる難問題」もとりあげています。1題の問題を深く扱いますので、問題数は多くはありませんが 、周辺知識も含めるとかなりの分量になります。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。グラフ描画アプリ desmosとGeoGebraの使い方-動くグラフを授業に-パラメータによって動くグラフを描画できるアプリは、現在、desmosとGeoGebraが2強と思われ、生徒用のiPadにもその2つのアプリが入っていることが多いと思われます。本講座は、初めてアプリを触る先生方を対象に、大学入試問題を一通り描いてみようという画期的な講座です。凝った所まではいきませんが、生徒に動きを提示できて授業で使えるレベルまでいきます。desmosよりGeoGebraの方が多機能であり大変です。カメラで入力する手元を映しながら進めます。映像を一時停止しながら進めていただければと思います。細かく丁寧に作成した教材を用いて、具体例を豊富に扱います。授業や共通テスト対策等に役立てていただければと思います。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。「高校数学」の効果的指導(極座標・二次曲線) -自信を持って授業ができるために-本セミナーは、比較的指導歴が浅い先生方や、効果的な指導法を模索している先生方の受講を歓迎します。生徒が深く理解し納得してくれるためには、「なぜそのようにするのか」という理由を「わかりやすく」説明することが大切になります。そのことがやりにくい単元や内容について教授法をお伝えします。今回は、極座標と二次曲線の指導法を扱います。極座標については、極方程式はr<0を認めるとは・図形で考えられるのはいつか・極方程式を直交座標の方程式に直す方法・焦点の一つを極とする二次曲線などの問題を扱います。二次曲線は、定義を用いる軌跡・楕円上の1点の座標の置き方・楕円をいつ円に戻すか・焦点の意味などです。これで、例え最難関大志望者がクラスにいても、自信を持って授業できると思います。※過去の同名講座と同じ内容です。「高校数学」の効果的指導(同値と軌跡) -自信を持って授業ができるために-本セミナーは、比較的指導歴が浅い先生方や、効果的な指導法を模索している先生方の受講を歓迎します。生徒が深く理解し納得してくれるためには、「なぜそのようにするのか」という理由を「わかりやすく」説明することが大切になります。そのことがやりにくい単元や内容について教授法をお伝えします。今回は、同値や軌跡についての指導法を扱います。具体的には、同値にする考え方・軌跡を(同値で)求める練習、次に、「逆に」が必要か否かの研究・必要条件を考える問題の研究、最後に「要は軌跡は何を求めるのか」について演習をおこなう予定です。今回も他で聴かない話が多いかもしれません。※扱う分野は、主に数学Ⅱの図形と方程式です。※ 2019年度夏期の同名講座(対面)とほぼ同じ内容です。「高校数学」の効果的指導(複素数平面) -自信を持って授業ができるために-本セミナーは、比較的指導歴が浅い先生方や、効果的な指導法を模索している先生方の受講を歓迎します。生徒が深く理解し納得してくれるためには、「なぜそのようにするのか」という理由を「わかりやすく」説明することが大切になります。そのことがやりにくい単元や内容について教授法をお伝えします。今回は、要望の多かった複素数平面の指導法を扱います。具体的には、単元の導入·方程式の問題·実数条件·軌跡·反転·zのまま考える問題などを扱います。なぜそうするのかという理由も考えながら進めます。これで、例え最難関大志望者がクラスに居ても、自信を持って授業ができると思います。※過去の同名講座と同じ内容です。「高校数学」の効果的指導(ベクトル)-自信を持って授業ができるために-本セミナーは、比較的指導歴が浅い先生方や、効果的な指導法を模索している先生方の受講を歓迎します。生徒が深く理解し納得してくれるためには、「なぜそのようにするのか」という理由を「わかりやすく」説明することが大切になります。そのことがやりにくい単元や内容について教授法をお伝えします。今回は、ベクトルを扱います。具体的には、加法・減法・内積・線型独立の端的な指導法を確認後、「交点の位置を確定させる問題の指導法(平面・空間)」「ベクトル方程式(直線の一般形と法線ベクトル)の指導法」などをシンプルに扱い、ベクトルの指導方法を提案し、苦手意識を無くすことを目標とします。※扱う分野は、数学Bの範囲です。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る