2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
19/48

浅あさい井 さやか浅あさい井 さやか浅あさい井 さやか浅あさい井 さやか石いしかわ川博ひろや也NEW国公立大・私立大基 礎標 準難 関国公立大・私立大基 礎標 準難 関標 準国公立大・私立大基 礎標 準難 関NEW東京国公立大・私立大基 礎標 準難 関NEW石いしかわ川博ひろや也国公立大・私立大基 礎標 準難 関オリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナル19国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関1234567891234567891234567891234567891234567891234567892021 夏期・秋期 教科別講座案内(数学) 映像 映像 映像 映像 映像伸ばす立場・育てる視点 -数Ⅱから数Ⅲの微分法に繋ぐ-今回は、極限・微分法を、数Ⅱから数Ⅲへ自然につなぐことをテーマに取り上げます。数Ⅱの極限や微分をその場限りの学習で終わらせてしまうと、数Ⅲの極限や微分法で苦労しますし、数Ⅱの範囲の問題ですら、無駄な計算をたくさんする羽目になってしまいます。例えば、微分を用いてグラフをかく問題一つをとってみてもそうで、増減表を作ろうとする際に「fʼ(x)=0」とする生徒のなんと多いことか!数Ⅱの微分法から数Ⅲの微分法までをなめらかにつなぎ、医学部や難関大学の問題にも対応できる“微分法の力”をつける授業について、模擬授業に講演を挟む形式で研究します。※扱う分野は、数学Ⅱ、Ⅲの極限および微分の範囲です。伸ばす立場・育てる視点 -積分法とその応用(数Ⅲ)-本講座は、コンスタントにご要望をいただく「積分とその応用」を扱います。「積分が出ませんように!」と祈りながら受験会場へ向かう生徒は少なくないようです。積分計算は必ずできるとは確信できず、面積や体積を求める問題では合っていると思っても間違っていたりすることもあります。テクニックなどでジャンクな力をつけさせるのではなく、“何が重要なのか”をきちんと学ばせることで実力をつけさせる授業展開について、模擬授業に講演を挟む形式でお話しさせていただきます。※過去の同名講座と同じ内容です。伸ばす立場・育てる視点 -場合の数・確率-場合の数・確率。この分野は本当に必要な公式がとても少なく、尚且つ計算も単純ですから、問題の解決には、自分がイメージした“題意を満たすような状況の作り方”を“式に起こす”という作業が全てと言えます。ですが、この分野に苦手意識を持つ生徒は少なくありません。解法を覚えることが数学の勉強法だ、という認識があるからではないでしょうか。そこで今回は、過去のセミナーでご要望の多かった、「場合の数・確率」を通して“言葉”と“式”を対応させることが自然にできるようになるための、きっかけ作りとしての講義を模擬授業に講演を挟む形式で研究します。※2020年春期の同名講座(対面)を収録した講座です。伸ばす立場・育てる視点 -必要・十分条件の重要性-高校数学で学習する内容のなかで、ほとんどすべての分野を通して必要になるものが「必要・十分条件」です。この学習や認識を疎かにしている生徒は、 ・除外されるべきものが含まれた答えにたどりついた ・途中でなにをやっているのか分からなくなる ・解ききっても、正しく解けているか自信がないという悩みを持つことが多く、国公立大入試レベルの問題に取り組み始める頃にこういった相談が増えてきます。そこで今回は「必要・十分条件」や「同値変形」の大切さについて考察するに相応しいテーマを、分野を制限せずにピックアップし、模擬授業に講演を挟む形式で研究します。※扱う分野は、数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲの範囲です。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。滋味の数学数学力の底上げを図り、センスをブラッシュアップする、味わい深く数学力が増進する、そんな数学の話です。円形順列を要領よく数え上げる、diagramの活用で視覚的にわかりやすく、母函数であそぶ、離散数学と連続数学の橋渡し、ライプニツの思想、微分と微分係数は違います、論理で推す、我々は必要条件しか知り得ない?、ガロワ理論のさわり上記が草案です。大学入試問題を交えながら、数学の根幹に触れたいと思います。※扱う分野は、数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲの範囲です。有名問題の系譜有名問題を通して有史以来の天才達のアイデアに触れ、要領よく大学入試数学を概観できます。今回は以下の6個のテーマを扱います。①固有値1の不思議 ②Pell方程式④等面四面体③ベータ函数 ⑤n進法 ⑥Eulerの公式流行り廃りすることのない、故くて新しい問題を温ね、人類の築き上げてきた財産を巡る旅です。※2016年度冬期に実施した同名講座(対面)のダイジェスト版です。教科別講座案内 数学

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る