2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
18/48

増ますだ田悟さとる増ますだ田悟さとる馬ばば場純じゅんぺい平オリジナル共通テスト受講料 15,730円(税込)【4コマ】共通テスト受講料12,100円(税込)【3コマ】大学対策受講料 12,100円(税込)【3コマ】大学対策受講料 12,100円(税込)【3コマ】4技能国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関標 準共通テスト基 礎標 準難 関NEW増ますだ田悟さとる共通テスト基 礎標 準難 関NEW増ますだ田悟さとる国公立大標 準難 関基 礎国公立大標 準難 関基 礎182021 夏期・秋期 教科別講座案内(英語)123456789123456789123456789123456789123456789教科別講座案内 英語 映像 映像 映像 映像 映像生徒の目が輝く4技能指導・偏差値アップの具体的アプローチ①4技能も含め、生徒に積極的に授業に参加させ英語力を伸ばす「授業中に考えさせ」「授業中にどんどん声を出させ」「授業中に声を揃えて復習し身につけさせる」指導法。②横並びの知識の蓄積ではなく、常に全体像を見据えた指導法。③教師が英語を話し生徒に聞かせるためのヒントとトレーニング法。などの視点から、私が普段の授業でおこなっている工夫を紹介させていただきます。カバー分野は長文読解、和訳、英作文、文法、など多岐にわたります。授業でそのまま応用できるアイデアが満載です。※過去の同名講座と同じ内容です。2021年度共通テスト『英語』の分析と指導法 -何をどう教えるか-この講座は、2021年1月に実施された共通テスト「英語(リーディング・リスニング)」の出題分析を通じて、次年度以降の受験生に「何をどのように教えるべきか」を考察することを目的としたものです(なお、扱う対象は第1日程の問題のみとなります)。具体的には、過去に実施された「試行調査」からの主な変更点や特徴的な出題形式、さらには意識的な対策指導が必要な問題や正答率が低いと思われる問題の分析が中心となります。初めて実施された共通テストに対しては、指導する側にも様々な不安があると思いますが、そのような状況の中で、先生方の今後の高校現場での指導に直接役立つ観点や知見をご提示したいと考えております。※2021年度春期の同名講座と同じ内容です。共通テスト『英語』の総合的分析 -2021年度問題を題材として-この講座は、2021年1月に実施された共通テスト「英語」の分析を通じて、「受験生に何をどう教えるべきか」を考察することを目的としたものです。「2021年共通テスト『英語』の分析と指導法­何をどう教えるか­」では第1日程のみを対象とした「速報版」をお伝えしましたが、この講座では第1日程と第2日程の双方を対象とします。具体的には、2回分の問題全体の構成及び注目点を概観した上で、リーディングとリスニングに分けて、正答率が低かった設問を中心にして、特徴的な出題形式や意識的な対策指導が必要な大問に特化して詳細な分析をおこなっていく予定です。ようやく全貌が見えてきた共通テストを巡る状況の中で、高校現場での指導のお役に立てるような様々な観点や知見をご提示したいと考えております。※「2021年度共通テスト『英語』の分析と指導法-何をどう教えるか-」と3割程度同じ内容です。2021年東大英語の分析 -東大が要求する学力を考える-本講座は、2021年の東大入試問題の分析に基づいた解説講義を通じて東大英語への理解を深め、受験生指導における留意点を考察していくことを目的としております。講義では原則としてすべての大問に触れていきますが、特に「大意要約」「英作文」「英文和訳」「説明問題」などの記述式問題に対する取り組み方や解答のまとめ方に多くの時間を割く予定です。生徒が実際に書いた再現答案も参考にしつつ、減点対象となりやすいポイントなどを確認しながら講義を進めていきます。東大入試英語の全体像を概観する俯瞰的な視点とともに、予備校での授業の実践なども通じて、生徒指導に直接役立つ様々な観点や手法を提供させていただければと思います。2020年東大英語の分析本講座は、2020年の東大入試問題を題材とした解説講義を通じて東大英語への理解を深め、受験生指導における留意点などを考察していくことを目的としております。東大英語特有の多岐にわたる出題形式の問題を正確かつ迅速に解いていく学力を養うには、出題傾向の十分な分析が不可欠なのは言うまでもありません。講義では原則としてすべての大問に触れていきますが、特に「大意要約」「英作文」「英文和訳」「説明問題」などの記述式問題に対する取り組み方や解答のまとめ方の分析に多くの時間を割く予定です。東大入試英語の全体像を概観する俯瞰的な視点と共に、予備校での授業の実践なども通じて、生徒指導に直接役立つ様々な観点や手法を提供させていただければと思います。※過去の同名講座と同じ内容です。

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る