2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
16/48

竹たけおか岡広ひろのぶ信竹たけおか岡広ひろのぶ信竹たけおか岡広ひろのぶ信竹たけおか岡広ひろのぶ信竹たけおか岡広ひろのぶ信竹たけおか岡広ひろのぶ信オリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナルオリジナルデジタル音源デジタル音源デジタル音源デジタル音源国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関国公立大・私立大・共通テスト難 関基 礎国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関国公立大・私立大・共通テスト基 礎難 関標 準標 準標 準標 準標 準標 準162021 夏期・秋期 教科別講座案内(英語)123456789123456789123456789123456789123456789123456789受講料 25,300円(税込)受講料 25,300円(税込)教科別講座案内 英語 映像 映像 映像 映像 映像 映像英単語の語源による指導法 Part 1「脱・英単語の丸暗記」のための講座です。「語源」というと、どうも無味乾燥なパズル的なイメージがありますが、方法さえ間違えなければ生徒に英語に対する興味を持たせるためには格好の手段です。「毎日ウィ−クリー」紙で約14年間(400回以上)「語源」の連載をしてきましたが、その研究成果を少しでもお伝えできればと考えています。「丸暗記の苦しみ」が「単語の広がりの面白さ」に変化すればと願っています。加えて、実用英語技能検定1級レベルの「暗記困難語」も扱います。Part1ではAD−、−FIN−、−VA−、−PET−、−FLU−、−POSE−、−FA/PH−、−MIT−、−SCRIBE−、−VAL−など60種類程を扱う予定です。※過去の同名講座(対面)、2021年度春期の同名講座と同じ内容です。英単語の語源による指導法 Part 2「脱・英単語の丸暗記」のための講座です。「語源」というと、どうも無味乾燥なパズル的なイメージがありますが、方法さえ間違えなければ生徒に英語に対する興味を持たせるためには格好の手段です。「毎日ウィ−クリー」紙で約14年間(400回以上)「語源」の連載をしてきましたが、その研究成果を少しでもお伝えできればと考えています。「丸暗記の苦しみ」が「単語の広がりの面白さ」に変化すればと願っています。加えて、実用英語技能検定1級レベルの「暗記困難語」も扱います。「英単語の語源による指導法 Part1」を受講されていない先生でも、受講いただける内容です。Part 2では−STITUTE−、−PED−、−TRACT−、−PRESS−、−STRA−、−PEL−、−RUPT−、−TERM−、−VERT−、−SENT―など60種類程を扱う予定です。※過去の同名講座(対面)、2021年度春期の同名講座と同じ内容です。 英作文の指導 -2020年度の入試問題を解く!-2020年度の入試問題を用いて、英作文の指導法を考えていきたいと思います。ほぼ全ての問題を生徒に解かせて、イギリス人に採点を依頼。その生徒の添削結果を基に授業を進めていきます。様々な国公立大および私立大の問題を扱います。定型作文から自由作文までを取り扱いたいと思います。即座に授業に使っていただける素材であると自負しています。今回は主に和文英訳を丁寧に指導したいと思います。※「必携英単語LEAP」をお持ちの方はお手元にご用意のうえ、ご受講ください。※厚みのあるB4サイズの別冊資料も教材と一緒に送付いたします。※過去の同名講座と同じ内容です。※「英作文の指導-2021年度の入試問題を解く!-」(P.15)は対面での実施です。英文解釈の指導 -2020年度の入試問題を解く!-2020年度の入試問題を用いて、英文解釈の指導法を考えていきたいと思います。ほぼ全ての問題を生徒に解かせて採点。その生徒の添削結果を基に授業を進めていきます。様々な国公立大および私立大の問題を扱います。下線部訳、要約問題、総合問題など多岐にわたる問題を取り扱いたいと思います。即座に授業に使っていただける素材であると自負しています。※「英文読解の原則125」、「必携英単語LEAP」をお持ちの方はお手元にご用意のうえ、ご受講ください。※厚みのあるB4サイズの別冊資料も教材と一緒に送付いたします。※過去の同名講座と同じ内容です。※「英文解釈の指導-2021年度の入試問題を解く!-」(P.15)は対面での実施です。英文精読特講 Part 1精読の授業です。入試に際して「これだけは何としても押さえておきたい」読解のエッセンスを、時間の許す限り網羅します。あえてテスト演習形式は取らず授業主体とします。使用する英文は入試問題で「合否を分けた」と思われるものです。扱う英文はかなりの量になりますが、読解の要としてどれも重要なものです。あわせて読解で差がつく熟語もとりあげ、英米人が読み上げた英文の音源をご提供します。※ Part1・2はそれぞれ扱う問題が異なります。※過去の同名講座と同じ内容です。英文精読特講 Part 2精読の授業です。入試に際して「これだけは何としても押さえておきたい」読解のエッセンスを、時間の許す限り網羅します。あえてテスト演習形式は取らず授業主体とします。使用する英文は入試問題で「合否を分けた」と思われるものです。扱う英文はかなりの量になりますが、読解の要としてどれも重要なものです。あわせて読解で差がつく熟語もとりあげ、英米人が読み上げた英文の音源をご提供します。※ Part1・2はそれぞれ扱う問題が異なります。※過去の同名講座と同じ内容です。

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る