2021夏期秋期_教育探究セミナー|駿台教育研究所
13/48

大おおしま島保やすひこ彦英 語雲くも幸こういちろう一郎数 学霜しも栄さかえ  現代文中なかの野良りょうご吾公認心理師・臨床心理士(駿台予備学校生活カウンセラー)NEWNEW石いしはら原賢けんいち一駿台教育研究所進学情報事業部長NEW石いしはら原賢けんいち一駿台教育研究所進学情報事業部長13特別講座受講料 12,100円(税込)【3コマ】特別講座デジタル教材受講料 12,100円(税込)【3コマ】特別講座デジタル教材受講料 12,100円(税込)【3コマ】デジタル教材特別講座受講料 12,100円(税込)【3コマ】2021 夏期・秋期 教科別講座案内(特別講座)新しい時代が求める未来学力 -教科をつなぐこんな状況だからこそ、ちょっと先を見る視点を確認しておきたいと思います。コロナが終焉したとき、きっと世界は大きく変わっていくでしょう。ペストの終焉は、ヨーロッパを中世から近代へと大きく変貌させました。未来社会に生きる生徒を育てる教育もまた、これから加速度的に変わっていくでしょう。おそらく技術革新が一層進んだグローバルな知識集約型社会Society5.0においては、教科の壁を越えて思考する力がより一層求められるのではないかと私たちは考えています。本セミナーでは3人の講師が同時に教壇に立って各教科の問題を解説しつつトーク・セッションを行い、どんな思考のつながりが生まれるかをご覧いただきます。今後の社会を「生き抜く」のに必要となる未来学力についてお話することで、逆に各教科の変わらぬ本質もお伝えしたいと思います。2022年度入試・難関大入試序盤戦の動向-コロナ禍の中での2年目の入試。「3C入試」は継続するのか?-コロナ禍の中で実施された2021年度入試は、ここ数年の「超安全志向」とは一線を画した入試動向となりました。「3C入試」と名付けましたが、「Compact」「Conservative」「Cheap」の3つのキーワードがポイントとなる入試動向でした。では、2022年度入試はどう展開するのでしょうか?前年度はコロナ禍の中での模試実施でしたので単純な過年度比較は難しいところですが、確固たる母集団を持つ駿台だからできる分析により、難関大入試の序盤戦の動向を分析します。※資料はPDFファイルにてご提供いたします。2025年度新課程入試に向けて-新学習指導要領の目指す方向と2025年度共通テスト最新情報-2022年4月高校入学生から、新しい学習指導要領に沿って作成された教科書による授業が始まります。この新学習指導要領について、その目指している方向を再確認するとともに、2025年度入試より始まる新学習指導要領に基づいて実施される大学入学共通テストについて、2021年7月時点での最新情報をもとに説明いたします。なお、実際に受験生の進学指導をおこなう立場に立って、問題点や注意点を明らかにし、今後の生徒指導についての考察もおこないたいと思います。※資料はPDFファイルにてご提供いたします。※過去の「大学入試改革関連の講座」と共通する部分があります。大学受験生の心理と彼らへのメンタルサポートのあり方大学受験生は発達心理学的には青年期にあたり、「アイデンティティの確立」という課題に取り組み、自分とはどういう人間か、何をしたいのか、何をすべきかなど自分の内面を見つめ、悩み、そもそも心理的に不安定になります。この課題に関する重要なものとして進路選択があり、受験生自身の適性だけではなく、両親や家族、高校の友人や先輩、教師、受験歴など様々な人や環境からの影響が考えられます。そのうえ彼らは受験勉強という大きなストレスも抱えているのです。この講座では、このような大学受験生の心理状態を踏まえ、彼らへのメンタルサポートについて具体的に考えてみたいと思います。養護教諭の先生にも参考にしていただける講座です。※資料はPDFファイルにてご提供いたします。※過去の同名講座と同じ内容です。 東京 映像 映像 映像教科別講座案内 特別講座

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る