駿台教育研究所メインイメージ

 駿台教育研究所は1992年9月に、学生のニーズを把握し新しい教授法の研究やデータ作成を専属かつ組織的に推進していくため、駿台予備学校が所属する学校法人駿河台学園の独立した教育研究機関として設立しました。

 近年、大学や受験環境が激変してゆく中で、高等学校の先生の授業力向上を目的とした「教育研究セミナー」、大学の入試やカリキュラムを支援する「大学支援プログラム」、ICTの一環として映像授業「駿台サテネット21」、2020年度から始まる「大学入試改革」の研究、受験全般の様々な情報を集積・分析する「進学情報センター」などを中心に活動しております。

 今後も、受験というステージにおける様々な社会貢献を進めてまいる所存です。

News & Information

15年9月24日

【教育研究セミナー】高校教員対象「冬期教育研究セミナー」の設置講座一覧(PDF)を掲載しました。
受付開始は10月19日(月)10時となります。

15年9月1日

駿台教育研究所ホームページをリニューアルしました。

15年7月25日

【お知らせ】駿台教育研究所(東京本部)は下記住所に移転いたしました。
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9-8 駿台5号館3階
電話:03-5259-3561 FAX:03-5259-3505 ※電話、FAXの変更はございません。

顧問からのメッセージ

駿台予備学校 教育顧問

秋山 仁

駿台の卒業生の多くが、『人生で重要なことは大学というより、むしろ駿台で学んだ。』と述べている。
それは駿台が単に受験学力を高めるだけに留まらず、学問の醍醐味とその究め方を伝授しているからだと思う。

駿台教育研究所 教育顧問

最首 悟

物理的自然というように自然にもいろいろな位相があるのですが、自然もいのちの内と風呂敷を最大限ひろげた「いのち論」を試みています。
さしづめ、いのちから〈いのち〉へ、いのちはいのちを合言葉にしようとしています。